自然の権利基金

二つ前の翁長知事の記事
https://seamoon-kurage.at.webry.info/201808/article_2.html
を読んで、私が沖縄人だと思った方がいらっしゃったので、
以前にも触れたことがあった気がするのですが、この記事を書くことにしました。

私が辺野古のジュゴンについて詳しく知るきっかけとなったのは、「自然の権利基金」の通信です。
この「自然の権利基金」はアマミノクロウサギ訴訟をきっかけに作られたNGOです。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.f-rn.org/index.html

1995年2月23日、奄美大島でのゴルフ場建設に反対する住民たちが、林地開発許可処分の取り消しなどを求めて、鹿児島地裁に提訴しました。
そのアマミノクロウサギ訴訟を新聞で知った私は、その日の夕方、新聞に書かれていた代表者の方に電話をして「東京にいる私にもできることはないか」と伺いました。
その方に弁護士さんが窓口になっていると聞き、そこに電話をしました。
まだ、「自然の権利基金」ができる前の話です。
私の「自然の権利基金」の会員番号は10番。(結構自慢です。)
もちろん今も会員です。

アメリカ連邦地裁はジュゴン訴訟の訴えを棄却しました。
そのすぐ後に翁長知事が亡くなりました。
私たちはジュゴンを守ることができるでしょうか。

今の私にできることは歌うことだけです。
8月31日、心をこめて歌います。


SeaMoonライブ
2018年8月31日(金)
17:00開店
一部:19:00~
二部:20:00~
(入れ替え制ではありません。)
チャージ:投げ銭
沖縄居酒屋「こだま」http://www.izakayakodama.com/
東京都江戸川区南小岩7丁目27-16 桂昇南小岩ビル2F
03-5668-2098



   by ぴょん

この記事へのコメント